日本政策金融公庫とは?

このページでは普段の生活では馴染みの無い
日本政策金融公庫について解説をしていきたいと思います。

日本政策金融公庫=財務省所管の特殊法人です。

お近くの日本政策金融公庫
日本政策金融公庫とは、政府系の金融機関であった

「国民生活金融公庫」(略称:国金)
「農林漁業金融公庫」
「中小企業金融公庫」
「国際協力銀行(国際金融等業務)」
「沖縄振興開発金融公庫」

の5つの機関が、平成20年10月に統合し、
新たに『株式会社 日本政策金融公庫』として発足した会社です。

なぜ日本政策金融公庫が創業融資制度を設けているのか?

日本政策金融公庫
なぜ日本政策金融公庫が創業融資制度を設けているのか?

それは、政府は国内でもっともっと新しい商品やサービスが
生まれて欲しいと考えているからです。

競争は成長に欠かせない要素なのですが一部の富裕層を除いて
「自己資金で全て用意し開業するのは現実問題で難しい」
「実績のない創業者に民間の銀行は融資を行いづらい」
と国は考えています。実際に民間銀行から創業の融資は困難です。

そこで国が積極的に創業融資に関与して行こうと言う目的のもと
設立されたのが日本政策金融公庫です。
相談0円 お近くのフルサポに問い合わせる

融資を申し込む際に絶対にやってはいけない事

事業計画書作成・申し込み時①

融資が不可とさ
れている。
売上や事業規模が小さく、給与所得が主な売上になっている事業計画。(週末起業や手作りアクセサリーの小規模のネット販売)
倒産した会社の屋号・商号を引き継いで、実質的に第二会社と認められる場合で、前会社の債権・債務などの引き継ぎ状況などが確認できないケース。
・前オーナーから店を引き継ぎそのまま経営してる場合(ケースバイケース)
・事務所や従業員が親会社と重複しており、企業としての独立性が認められないケース
・資金使途が事業資金以外のものである場合(生活費など)
・ノンバンクなどの借入(事業と無関係)の借金返済資金とする場合
・税金を滞納している場合
基本的な条件を
無視する。
例えば日本政策金融公庫は「開業後2期分の税務申告を終えたものは利用できない」「開業前・開業後で税務申告を終えていないものは、創業資金の1/10の自己資金が確認できること」などが典型例です。申込み要件を守らなければ、あなたが利用したい融資の申し込みをする事ができなくなるケースがでてきます。
基本的な条件を
無視する。
(うっかりVer)
例えば、金融・保険業の一部の業種については、日本政策金融公庫も信用保証協会も貸出し禁止事業となっています。会社を設立の際に注意して頂きたいのですが、定款などにこれらを記載してしまうと、これが原因で融資を否決されてしまったりします。
融資の対象外の
資金の使い道である。
商品仕入れ・店舗の家賃・改装費・営業用車両の購入などいずれも創業融資の利用は可能です。しかし、店舗付き住宅を購入する際の住宅部分についての資金や、株式会社を設立する際の資本金には使えません。また、生活費や赤字の補填についても融資の対象にはなりません。

事業計画書作成・申し込み時②

絶対NG見せ金 創業融資の多くは自己資金が必要となる場合が多いです。融資申請の際に自己資金や資本金を多く見せようと一時的に借りてきて自己資金を水増しする事を「見せ金」といいます。「創業融資のフルサポ」ではこういった相談は100%お断りさせて頂いております。なぜなら、自己資金の確認は通帳の原本の提示が求められます。そして通帳に不自然な入出金の形跡があれば「見せ金」と判断されてしまいます。「見せ金」と判断された場合、融資が否決されるのはもちろん、その後の融資にも影響がでるなど計り知れないペナルティーが課せられます。「見せ金」は金融機関の信頼を失うだけではなくその後のあなたの創業の道も閉ざしてしまうほどの危険な行為です。
申請・提出用紙に
空白がある。
融資の申請書類の記載項目には事業に必要な全ての要素が詰まっています。そのため、空白で出すなどもってのほかで、100%金融機関にいいかげんな人、ずさんな人という印象を与えます。
税金の
未納・滞納がある。
融資の申し込みができませんので、完納後にお申し込みをしましょう。
ノンバンクからの
借入がある。
*ノンバンクとは、法律で定められた銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫などの金融機関以外で、貸金業務を営む金融会社の総称です。これは、預金の預け入れや為替(決済)の機能を持たず、貸し出し(融資)を行う形態であり、日本においては、貸金業法に基づいて設立された各種金融会社のことを指します。

具体的には、信販会社、クレジットカード会社、消費者金融会社などの「消費者向けノンバンク」と、事業金融会社、不動産関連金融会社、リース会社、ベンチャーキャピタルなどの「事業者向けノンバンク」があります。


日本政策金融公庫はもっとも、このノンバンクからの借入れを嫌います、一般の金融機関もノンバンクからの借入れを嫌います。ノンバンクの借入れが多い方は返済が終了するのを待つか、ある程度借入れ金額を減らす努力が必要です。創業融資の融資実行金額の減額要因No.1です
前に断られてから
時間がたっていない。
これは、一般論なのですが、「一度融資の申請に失敗すると約6ヶ月は融資がでにくい」と言われています。「創業融資のフルサポ」では日本政策金融公庫に断られた方の支援でもなるべく、日本政策金融公庫は利用しないようしております。

面談編

非常識な格好で
面談を受ける。
ジーンズ・汚れた服・破れた服・派手なピアス・派手なイヤリング・襟のない服など、個人の趣味は自由だと私も思いますが入社面接時のリクルート服が理想です。アパレル系の方に多いのですが面接の服装は何も思われないのが一番ですのでスーツで行きましょう。
清潔感のない髪型で
面談を受ける。
金融機関の方は前髪が眉にかかっているだけで注意を受ける企業にお勤めの方達です。女性の方もショートを除き髪の毛を束ねている方ばかりです。
男性はできれば短く、女性で髪の長い方は束ねて行きましょう。髪色も黒に戻して臨んで下さい。
高級品を身につけない。 例えば、自己資金が50万の方がそれ以上の時計を身につけていたら金融機関の方はどう思われますでしょうか?浪費家と見られても仕方ありません。融資を受ける際に高級車で行くのも絶対NGです。お金を貸す側からすれば、まずその車を売却して資金にあてて欲しいはずです。金融機関の方はすごく細部まで見ていますので絶対にお気をつけくださいませ。
融資担当者の
話をきかない。
融資担当者が色々と質問や資料の提出を求めて来ることが多いと思いますが全て受け入れて素直に受け止めて下さい。融資担当者はわざと意地悪な質問をする事があります。なぜなら融資をすると言うことは、あなたと金融機関のお付き合いが始まるわけですから、融資担当者も付き合い易い方かどうか知りたいはずです。質問や提出資料の要求はあなたへの融資を実行したい担当者のラブコールだとお考え下さい。
融資希望金額について
根拠が無い。
「借りれるだけかして欲しい」融資の面談の際にかなりの高確率で否決されるキーワードです。面談の最初に聞かれる質問ですがこの答えを平気で答える方は、まず融資が降りないと思ってください。

融資というのはまず、使い道があって申込みに行っているはずです。にもかかわらずこのような返事を受けた融資担当者は「この人は自分の事業計画が計画通りに上手くいく自信がないんだな、だから融資額を少しでも多くてにいれたいのだな」と解釈されてしまいます。

希望金額の使い道・根拠は明確にして下さいませ
聞かれた事について
いい加減な事を
言ってしまう。
いい加減な事は後で精密に調べられてしまいますので自分で自分の首を絞める結果になりますので、分からないことは一度持ち帰り、調べてからお返事をするのが望ましいです。
相談0円 お近くのフルサポに問い合わせる

日本政策金融公庫から借入できる融資の金額は?

融資の金額は?
現在、無担保・無保証人で借りられる創業者向け融資として

「新創業融資制度」と「中小企業経営力強化資金」がございます。

「新創業融資制度」
自己資金の10倍までの申し込みが可能で、限度額は3,000万円です。
例)自己資金40万円 融資申込限度額400万円となります。
金利は2.40%(H28年2/10時点)
※(女性や若者・シニア等は諸条件を満たせばこれらの条件は緩和されます)

↓「創業融資のフルサポ」はコチラの申込になります。
「中小企業経営力強化資金」
自己資金は申込に関係がなくなります。
例)自己資金0円~ 融資額7200万まで
金利は1.2%~1.45%(H28年2/10時点)

もっと詳しく知りたい方は下記をクリック下さいませ。

日本政策金融公庫の貸付金利はどれくらい?

1 担保を提供する融資を希望される方
  5年 0.45%~2.65% (申し込み条件によりこの範囲で決定)
  100万円を借りて5年で返済なら約17,400円×60ヶ月(基準金利で計算)

2 担保を不要とする融資を希望される方
  5年 0.8%~3.0%   (申し込み条件によりこの範囲で決定)
  100万円を借りて5年で返済なら約17,600円×60ヶ月(基準金利で計算)

3 新創業融資制度(無担保・無保証人)を希望される方
  5年 1.0%~2.4%   (申し込み条件によりこの範囲で決定)
  100万円を借りて5年で返済なら約17,700円×60ヶ月(基準金利で計算)

  融資期間・融資申し込み内容により変動します。金利の事をもっと詳しく

日本政策金融公庫からの融資を受けるにはどうしたらいいのですか?

皆様に強くお伝えしたいのは創業融資は一発勝負だと言う事です。
上記2つの書類を埋めて提出すれば申し込みはできます。

しかしながら創業融資の成功率は20%以下だと言われております。
国の機関だから書類さえ揃えて提出すれば
簡単に融資が実行されると思われてる方が非常に多いですが、
それは大きな勘違いだとご認識くださいませ。

実際にどれぐらい厳しいかと申しますと

【ニュースリリース】(平成23年4月27日の日本政策金融公庫からの抜粋)
【創業前および創業後1年以内の企業向け融資】
件数 96企業(前年比118.5%)、金額 498百万円(前年比123.9%)
ですので1年間で融資が実際に実行されたのはわずか1県でわずか96件という事実です。

96÷12=8 月間わずか8件の実行ということになります。

どうすれば日本政策金融公庫からの融資をかちとれるのでしょうか?

全ては事業計画書と面接にかかっています。

「創業融資のフルサポ」は3,000件の実績とノウハウから、
お客さまの事業を創業前の資金調達から創業後の成功まででをフルサポートいたします。

業界トップクラスの融資獲得率(制度融資90%以上)を業界最低水準で
ご利用いただけますので、是非ご利用下さいませ。
事業計画書についてはコチラ
融資実行までの流れはコチラ
相談0円 お近くのフルサポに問い合わせる
トップページ
創業融資に最適な事業計画書の書き方
創業事業計画書サンプル紹介
創業融資の面接・面談のポイント
創業融資Q&A
創業融資否決理由TOP5
日本政策金融公庫とは?
保証協会・制度融資とは?
現在公募中の補助金・助成金情報
相談無料
料金表
運営団体
店舗一覧
フルサポ品川
フルサポ秋葉原
フルサポ市ヶ谷
フルサポ北大阪
フルサポ南大阪
フルサポ岡山
フルサポ静岡